全身脱毛って効果が出るまでどれくらい通えばよいのか 気になる費用相場は

ストレスのない脱毛施術

エステティシャン

痛みを感じにくくするコツ

全身脱毛を受けたいけれど、痛みに弱いので躊躇してしまうという人もいるでしょう。全身脱毛の施術で痛みを感じるのは、照射する光やレーザーの熱が肌を刺激するからです。脱毛サロンの脱毛器の照射温度は70度前後、クリニックの医療レーザー脱毛なら照射温度は250度にもなるため、ゴムで弾かれたようなパチンとした衝撃を感じてしまうのです。もちろん、250度の熱を肌に直接照射するわけではなく、毛乳頭にのみピンポイントで作用しますが、周辺の肌は熱を感じてしまいます。クリニックで施術を受ける場合は、痛みを感じにくいように麻酔を施してもらうことが可能です。塗るタイプの麻酔や鼻から吸引するタイプの笑気麻酔なので安心して使えます。また、麻酔に頼るのではなく自分自身で行えることもあります。全身脱毛の施術の痛みは、肌が乾燥しているほど敏感に刺激を感じやすくなります。そのため、施術を受ける前に肌をしっかり保湿しておくことが大切です。ホルモンバランスの乱れも肌のコンディションを悪くし、痛みに敏感になってしまうため、規則正しい生活をするなどホルモンバランスを整えるよう心掛けましょう。生理中だけでなく、生理の前後もホルモンバランスが乱れがちなので、生理前後は施術を受けないのが賢明です。そして、全身脱毛では部位によって痛みの感じ方が大きく異なります。皮膚が薄く骨に近い部分は痛みを感じやすいと言われているため、その部分だけ出力を下げてもらうのもおすすめです。

Copyright© 2021 全身脱毛って効果が出るまでどれくらい通えばよいのか 気になる費用相場は All Rights Reserved.